JUL-417 妻に父親の介護を任せて結末

  •  1
  •  2
コメント  読み込み中 


私は交通事故で手足を負傷し、障害を負ってしまい、誰かに介護してもらうことになりました。来てくれたのはえいみさんという美しい女性で、その笑顔に癒されました。しかし、彼女が用意してくれた水を飲むと股間が熱くなって勃起しなくなってしまった。えいみの異常な性欲に気づいた時にはもう手遅れだった。毎回勃起薬を飲み続けた私は笑顔で彼女のチンポ玩具に堕ち、連続射精管理の毎日が始まった。