NACR-659 私の最愛の義理の娘

  •  1
  •  2
コメント  読み込み中 


出版社に勤める夫のお願いで、担当の官能小説家を一週間ほどお世話することになった。初日は先生に挨拶をして、出されたお茶を飲んだのですが、突然眠気に襲われたのを覚えています。睡眠薬を飲まされ、知らないうちにわいせつな写真を撮られました。そして…。